ブログをやっていて良かったと思う8つの事

こんにちは、ANDY(@tanoshimugihouです。

 

超気ままに更新しているこのブログ「楽しむ技法」ですが、
なんだかんだ言ってもうすぐ設立2年が経ちます。

だいぶ自分の人生の一部となってきたブログですが、

やっていてよかったな〜と思える8つの点をご紹介していこうと思います。

 

①自分の好きなことが仕事になるって素直に嬉しい

やっぱり一番はこれです!

自分が大好きなディズニーや任天堂、旅行、海外ドラマなど経験したこと・知っていることを書くことが仕事になるって最高です。

たまには仕事で好きではないこと興味がないことも書かなきゃいけない時があるのですが、筆が進まないったらありゃしない(笑)

自分が経験したこと全て=記事になる

っている循環が私は大好きです。
正直色々経験しすぎて記事にアウトプットするまで追いついてない状態ですが、
それでも「世の中にはこんなにも面白くて興味があることが沢山あるんだ!
少しでも読者にその事を伝えて行きたい。」という思いが強いです。

 

②個人と世界が繋がれるきっかけになる

これも面白い話で、私は大した事ない本当凡人中の凡人ですが、
私の書いた記事が嬉しいことに色々な方に読んでいただき、コメントを頂いたり批判が来たりと反応が帰ってきます。

今は(2018年9月)ワーキングホリデーでオーストラリアに住んでいるのですが、
海外にいても日本の様子を知ることができたり、私のオーストラリアでの経験をまとめた記事がこれからワーホリする日本人のお役に立てたり、と

「普通の私」と「世界中の読者」がこのブログを通して繋がれることが純粋に素晴らしいな

と心から思います。

 

③誰からの指示を受けず思うままに書ける

個人的にこれは大事なことで、かなりストレスフリーです(笑)

もう改善しようと試みたのですが、
理不尽な指示や・自分の信念を曲げるよな指示にはどうしても従えなんです。

よく言えば「自分の芯が強い」
悪く言えば「わがまま」

なんです。わかっています。
会社員時代苦痛でした。よく上司と衝突していました。

「社会不適合」とか何とでも言って構いません。私は私です。

逆に不適合だからこそ、自分の思うがままに書くことができる、ブロガーという仕事を知ることができたのでしょう。

④客観的な視点と主観的な視点を持てるようになる

基本このブログは私の主観で思うがままに書いていますが、

私が「パンケーキ食べたよー(*´꒳`*)」と書いても誰も嬉しくありません。なんの役にも経ちません。
というか気持ち悪いです。

大事にしていることは、

私というフィルターを通して経験したことを客観的(読者の方)にどう役立つ情報としてお届けできるか

ということです。

例えばオーストラリアに旅行へ行った際「旅行記」としてブログに書くのもいいですが、
「シドニーのおすすめ観光スポット」「10ドル以下で満腹になる美味しいレストラン」「持って行って良かったアイテム」「シドニーベストお土産5選」という記事の方が読者の方にお役に立てますよね。

このような記事を書くには物事を「客観的」に見る力が必要になります。

どうすれば「自己満足」ではなく「誰かの役に立てる」文章になるのか?ということが大切です。

まあたまには旅行記になってしまう事もありますが、なるべく「レポ形式」「情報をまとめた」形で書くように心がけています。
これは、ブログを書き始めてからとても身についた力です。

 

⑤たまに企業さんから仕事を貰える

このように好き勝手に書いていますが、たまに企業さんから記事執筆の依頼がきます

正直めちゃくちゃ嬉しいです。

数多くあるブログの中から「楽しむ技法」を選んで依頼してくださるのは本当ガッツポーズ取ってしまうくらい嬉しいです。
「ああ、フリーで活動して文章を書いて、自分でブログを運営していてよかった〜」と思えます。

大事なのが「自分の好きなことを書いていて、仕事を貰える」ということです。

 

⑥自分の考えを発信できる大きなツールとなる

 

ブログを書く際「私というフィルターを通して」書いていると④でお伝えしましたが、
一個人の自分の考えを公の場に発信できるというのはとても大事なことです。

哲学的になりますが「人は全く同じ」というのはあり得ないですよね。
誰もが個性があって、それぞれ性格があり、歩んで来た人生・価値観が異なります。

なので何かの物事に対して全員が良い・悪いという事もなく、意見が割れるのは当たり前なことです。
それこそ世の中「正解・不正解」というのはないです。

私はLGBT当事者(トランスジェンダー)という側面もあり、25年間ですが色々な経験をもとに私という価値観がしっかりとあります。

なので私の考えを押し付ける訳ではなく、
「Andyはこう考えてるよ。」

というのをお伝えできます。
1人でもその考えに共感してくれたら、私は文を書いた意味があると信じています。

凡人の私でも何かを伝えられた、ということがブログをやるモチベーションにもなります。

 

⑦「記事面白い」と言われるとすごく嬉しい気持ちになる

偉そうなことを色々と述べていますが、誰しも批判されたら嫌な気分になりますし、
褒められたら嬉しい気持ちになります。

私も友人から「めっちゃ面白かったよー」と言われると思わず笑顔になります。

メールなどで読者の方から「感動しました」「役に立ちました」等のお褒めのお言葉を頂けたらこれ以上嬉しいものはないです。

本当にそのような言葉をもらえた時が一番「ブログをやっていて良かったな」と思えますし、
自分のブログに誇りを持てるようになります。

 

⑧なにより自由を謳歌できる

自由って最高です。

好きな時間に起きて、好きな場所で仕事して、好きな時に休める

 

その代わり自由の代償として何でも自己管理しなきゃいけないところはあります。
好きなだけ遊んでいいですが、それでは食べていけません。

自分で一年を計画し、仕事の目標、セルフマネジメント等やることが沢山あります。
正直遊びの誘惑も多く色々と苦戦することはあります。
金銭面も安定はしないですし、生活していくには休んでいる時間はないです。

ただそれでも私は
最新のゲームソフトを初日にプレイできる、ディズニーに安く空いている日に行ける
という小さな日々の自由の幸せを噛み締めていますし、

何より最愛のパートナーとの時間を最優先できる

 

のが一番自由になってよかったと思っています。

 

最後に:お金云々ではなくブログが好き

いかがでしたか?

そうです。ブログっていいことだらけなんです。
お金を稼ぐどうのこうのより、純粋に文章を書いていて面白いですし、頭の整理にもなりますし、常にアンテナを張っている力がついたのもブログのお陰です。

何より好きなことをしているだけなので楽しいです。

ブログを通して成長できたことは数え切れません。
是非人生で迷っている方などいましたら、ブログを通してアウトプットすることをおすすめします。

 

一言アドバイス

もしブログを始めようと思っている

ブログを始めてみたけど、どうしたらいいかわからない

など悩んでいる方がいらっしゃれば全力で相談に乗ります。
お気軽にツイッターのDMやお問い合わせページ等からご相談してくださいね。

 

それではまた!




コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

26歳 l ブロガー l TDRの近くに住んでます ・ディズニーと任天堂と旅と嫁さんが3度の飯より好き ・最近東京ディズニーリゾートの年パスを購入 ・海外ディズニーもちょくちょく行きます (WDW、SHDL、HKDL) ・脱社畜として無計画でオーストラリアワーホリを経験 ・日本に帰国後カフェでバリスタとして働きながらブログ運営中 ・ FtM(交際11年目の嫁とほのぼの生活) ・Webライターのお仕事もしてます ◉基本好きなことして自由に生きたい人