ブログを2ヶ月放置した原因を探ってみた

こんにちは、ANDY(@tanoshimugihouです。

 

しばらくブログ更新していなくて気がつけば、2ヶ月強放置しておりました。
もともと3日坊主癖の私としては今までよくやっていた方なのですが、それにしてもやらなすぎ。

ただ2ヶ月ブログを書いていない間いろいろな事が起き、じっくりと自分自身について考える事ができました。

それでは何故2ヶ月放置するようになったのか原因を見て行きましょう。

ブログを2ヶ月放置した原因を考えてみた

①「冬季うつ病」の可能性

ブログ放置期間を見てみると11月から2月の間。
去年のブログ更新頻度を見てみると同じく12月から2月くらいに激減。

「ちょっっwww自分冬苦手じゃね????」

そうなんです。
ブログに限らず今までの人生を振り返ってみると、夏が一番やる気が出て、秋から冬にかけて何にもやりたくなくなり「継続とかクソ」とか言い始めます。

その現象にぴったり当てはまるのが「冬季うつ病」。正式名称は季節性感情障害(SAD)というもの。

抑うつ、倦怠感、気力の低下、過眠、過食[3](体重増加、炭水化物や甘い物を欲する傾向が強まる)などの症状が見られるのが特徴。患者の大部分は、冬以外の季節では健康な状態であることが多い。 (引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/季節性情動障害)

 

原因は「日照時間」!!!!!

特に今年の場合秋にオーストラリアに行き、日本の何倍もの太陽を浴びて帰ってきたもんだから、余計日照不足になったのだと思います。もう本当にうつでした。12時間くらい寝て、昼夜逆転生活送っていました。

最近になって冬の日照時間に慣れたのか、症状は軽くなってきました。

 

②大量のイベントづくし

毎日の継続を妨げる理由は色々ありますが、誰しも思い当たるのが「イベント」だと思います。

「今日はパーティーだから…」
「今日から旅行に行くから…」

このような「イベント」があると毎日頑張って続けていたコトを休んでしまいがちですよね。

そうです。私もまさにイベントに弱いんです。
旅行にコミコンに、クリスマスに年末年始のパーティー三昧。

ただ1時間くらいブログ書く時間はありました。ただ①の「冬季うつ」とのコラボパンチはデカすぎた。

 

改善方法

今の所改善方法としては、

●ブログを書くハードルを下げる
●インプットの時期と割り切るのも手
●ブログを書くことを習慣化しておく
●意識して太陽の光を浴びるようにする

が考えられます。

もっとブログを書くことを当たり前にしていきたいですね。

 

まとめ

ブログをやっていると色々な発見がありますが、何より自分自身が素直に表現されている場です。
更新頻度や文章表現などから自分のメンタルがわかります。

私もブログのおかげで「冬季うつ病」という事に気がつきました。

ブログを書いている方は今までのを振り返ってみると何か発見があるかもしれませんよ。

 

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

26歳 l ブロガー l TDRの近くに住んでます ・ディズニーと任天堂と旅と嫁さんが3度の飯より好き ・最近東京ディズニーリゾートの年パスを購入 ・海外ディズニーもちょくちょく行きます (WDW、SHDL、HKDL) ・脱社畜として無計画でオーストラリアワーホリを経験 ・日本に帰国後カフェでバリスタとして働きながらブログ運営中 ・ FtM(交際11年目の嫁とほのぼの生活) ・Webライターのお仕事もしてます ◉基本好きなことして自由に生きたい人