【体験レポ】バリスタの研修コース修了!Barista School Perthに行ってきた

こんにちは、ANDY(@tanoshimugihouです。

 

今回はオーストラリア パース にある

Barista School Perth

バリスタ研修コースに行ってきましたので具体的なコース内容や感想などについて述べて行こうと思います。

 

概要

今回受講しに行ったバリスタスクールは、
オーストラリア パース にあります。


https://baristaschoolperth.com.au

オーストラリアには各地沢山のバリスタスクールがあるのですが、
私がここを選んだ理由は、

  • パースで一番評判がいい
  • 個人的にHPに書かれている

“Life’s too short to drink bad coffee”

という言葉が気に入ったから

  • 値段設定が良かった

 

 

私が申し込んだコース

コースは4種類です。

 

  • Coffee Fundamentals(初級コース)
  • Advanced Barista(上級コース)
  • Fast Track Barista(バリスタ集中コース)
  • Latte Art(ラテアートコース)

 

今回オーストラリアに滞在できる時間もそこまで残っていない上に、一気に学ぶのが好きな私は

Fast Track Barista(バリスタ集中コース)

を受講しました。

1日(約7時間)で座学となるコーヒの知識から美味しいコーヒーを淹れるための実践を学べる濃厚なコースです。

 

Fast Track Barista コース1日の流れ

 

8:45 集合

 

Barista School Perthは

Jessie’s Cafe Shop 

と併設されております。
本物のカフェの中で学べるって結構すごいですよね。

カフェに入ってバリスタコースを受けにきましたと言うだけでOK。

 

コース開始まで、一人好きなコーヒーを無料で頂くことができます!!
▼私は「フラットホワイト」を注文しました。

丁度いい温度、朝にぴったりのすっきりとした口当たり、文句ひとつない100点のコーヒーを飲めてもうそれだけでも来て良かったと思えました(笑)

こんな素晴らしいコーヒーを淹れられるように頑張ろうと思える一杯を片手に教室へ向かいます。

 

9:00 授業開始

 

参加人数は私を含めて7人と少人数でした。
カフェを経営したい方や同じくバリスタになりたい方と、私たちを除いて全員が現地オーストラリア人でした。
語学学校とは違いネイティブ相手に授業するので、ついていくのが大変でした。
それほどガチのスクールであるという事は十分証明されます。

最初の1時間くらいは配布されるレジュメを元にコーヒーの基礎知識を勉強します。

具体的には

  • コーヒーの歴史
  • コーヒー豆の焙煎について
  • コーヒー豆の保存方法
  • ミルクの違い

などです。

ただレジュメを眺めてるようなだけではなく、実際のコーヒー豆を触ったり・匂いをかいだり・飲んでみたりと座学だけど体験しながら体で覚えていく授業が特徴的でした。

 

10:00〜 実践開始

 

いよいよ本物のエスプレッソマシーンを使いコーヒーを淹れて実践にうつります。
7人の受講生に対して3つエスプレッソマシーンが用意されているので、2〜3人で1台使える贅沢仕様です。

ここから授業終了の16:00までひたすら何度もコーヒーを作りまくります。

作って捨てて作って捨てて
を繰り返します。

「えー勿体無いー飲まないの?」

という声も聞こえてきそうですが全部飲んでたら確実にお腹を下すレベルくらい作ります。
確かミルクは一人6Lくらいは余裕に使いますし、コーヒー豆も何キロ使ったのだろう。。。という感じです。
確実に50杯は作ります。

そのくらい実践あるのみです。

 

(▲パートナーもどんどん数をこなして練習しています)

最初はショットの作り方をマスターするまで徹底的にやります。

成功例・失敗例の違い、豆の挽き方の調整具合
身体に染み込んで覚えるまでやります。

その次にスチームミルクの作り方。
どのミルクを使うべきかを教えてもらった後に、何度も何度も作ります。

先生がつきっきりで適切な角度・温度等教えてくれます。

 

13:00 実際のメニューのコーヒーを作っていく

(▲完璧ではないですが、素人がここまで綺麗につくれるようになります)

 

一旦お昼休憩を挟み午後からは9種類のコーヒーメニューを作る練習にはいります。

もちろん作り方から、作る順番までどのようにしたら効率よくつくっていけるか。
スチームミルクの注ぎ方、ラテアートのやり方等、より実際にバリスタとしてお客様に提供できるレベルまで訓練します

 

15:00 テスト

 

最後に「10分間で先ほどの9種類のコーヒーを作れ」

という実技テストがあります。

 

みんなが見ている前で作って行くのでかなり緊張します。めちゃくちゃ手が震えていました(笑)

でもなんとか8分で作り終わることができて無事クリアしました。

なのでちゃんと1日講義を聞いて実践して分からないことがあった時はちゃんと先生に質問するようにしましょう。

 

 

最後に:バリスタコースを修了して

 

 

無事”Fast Track Barista”コースを修了したとして「修了証」を頂けます。感無量。

いやー本当に行って良かった!と心から思えました。
このような為になる勉強にはお金を払おうと思いますし、今後の人生が楽しくなるに間違い無いです。
バリスタコースを受けてからカフェに行くたび、バリスタの様子なんかもついつい見ちゃうし、よりコーヒーの味に敏感になりましたし、コーヒー豆を購入する時も自分の好みに合わせて選べるようになりました。

日本に帰国してバリスタとして働いてみたいと思っています。

 

是非オーストラリアにワーホリや留学できている方はバリスタコースに行ってみてはいかがでしょうか?
またこのバリスタコースに行く為に3〜4泊くらいでオーストラリアに来るのもいいですね。

わざわざ来る価値は十分あります!

 

おまけ:先生が強調して何度も言っていた心に残る言葉

「美味しくないカフェには二度とお客さんは来ない」

「提供する時間がかかればかかるほどお客さんの足は遠のく」

「スピード・正確さ・新鮮さ が命」

「バリスタは楽じゃない。毎日スピード勝負のストレスがかかる仕事なんだ」

「常に頭と体を動かせ」

「コーヒーに魂をこめろ」

 

コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

25歳、オーストラリア在住、LGBT(トランスジェンダー) ブロガー兼フリーライター/個人ビジネス パートナーと一緒に居たいため会社を退職し自由気ままに生活しています。 ディズニー・旅行・海外ドラマ・ゲームを中心とした総合ブログ『楽しむ技法』を運営。 【最優先事項】パートナーとの時間 【趣味】ディズニー/旅行/読書/海外ドラマ/ゲーム 【モットー】仕事したり遊んだり、何事も楽しみながら日々過ごすことです 最近:海外ディズニーに入り浸り中 WDW/SHDL/HKDL/TDR