【2017年上半期最高傑作】ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスを見るべき3つの理由と作品紹介(ネタバレ控えめ)

個人的2017年上半期映画最高傑作は、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 だと思っています。 (もう、2017年ベスト1位と決めてもいいかも)

本気で観ることをオススメします。
忙しい日々だと思いますが、これだけは時間を作って「映画館」で観て欲しい。
そして、映画館でも出来るだけいい環境(IMAX・3D)で観ることを推奨します。

最高に笑えて、癒されて、号泣でき、全身で楽しめます!!!

私がここまで推す理由3つを含めネタバレ控えめで、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」について紹介していきます。  

とりあえず、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」ってどんな話?

凄く簡単に説明すると、
宇宙を舞台に、地球人の主人公「ピーター・クイル」と仲間達で、世界を救う話です。

私が思ったのは、
「スターウォーズ」をハチャメチャ・面白く・ハイテンションな感じです(笑)
ただスターウォーズ同様に、ストーリーにしっかりとした芯があり、
キャラクター達の個性が強く、みんなに愛着が湧きます。
帝国軍も反乱軍も好きになっちゃう感じです。

宇宙モノ・アクションが好きなら絶対にハマります。

見るべき理由1:最高のストーリー

2時間18分、オープニングからエンディングクレジットまで1秒も無駄なく楽しめる。

私の集中力がない性かもしれないけど、
面白い映画やドラマでも、途中少しダレたり、
フッと現実に引き戻されたりしちゃいます。(誰かわかってくれる人いないかな…)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスは一切そんな瞬間がなかったです。
もう初っ端から、映画館全員がガーディアンズの世界に引き込まれます。

そして、ハチャメチャなストーリーですが、
一貫として「家族」をテーマとしています。

「家族」ってどういうもの?という感じで、
いろんな「家族」のあり方をシリアスな展開ではなく、
コミカルに描いており、ジェームズ・ガン監督には脱帽です。

見るべき理由2:最高のキャラクター

もう、キャラクターが個性的すぎる!!!
さすが、マーベル作品(笑)

CMでもお馴染みですが、
「ベビー・グルート」の可愛さはこの世のものと思えないくらいです(笑)

CMですら、よく分からない奇声が出まくっているのに、
映画館の大画面でベビー・グルートを見たときは、即死しました。

主人公の「ピーター・クイル」と、
仲間の「ガモーラ」「ドラックス」「ロケット」「ベビー・グルート」が素晴らしいバランス!!!

一人一人悩みや過去があり、
それを仲間同士で支え合う姿こそ
「家族」なのではないかな〜と思います。

「ベビー・グルート」の対応も一人一人異なり、それぞれの愛情の形を表しています。

そして、ピーター・クイルの育ての親である「ヨンドゥ」が今作では最高の活躍をします。 ベビーグルートが話題の中心になるかと思いきや、
映画を観終わった後は「ヨンドゥ」に持って行かれました。

他に全身金ピカの「アイーシャ」やガモーラの妹「ネビュラ」、謎の昆虫ガール「マンティス」なんかもインパクト強すぎて、絶対に忘れられないキャラクターです。

この「アイーシャ」を演じたエリザベス・デビッキ氏のインタビュー記事によると、 本当に金箔を体に塗っていたとのこと。
日が経っても毛穴から金箔が出てくるそうです(笑)
役者魂を感じさせられます。

見るべき理由3:最高の音楽

Guardians Of The Galaxy, Vol. 2

サントラ購入必須!!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスは、
イギリス・アメリカを中心に1970年代から80年代のヒット曲を使用しています。

モンスターとの激しい戦いに、愉快な音楽が流れる不思議な組み合わせは、 物凄く癖になる!

曲のセレクトといい、映像と音楽のバランスは最大の賞賛に値すると思います。
いやー、ジェームズ・ガン監督は本当にすごい。
ちなみに、ベビー・グルートのダンスシーンは監督の動きをモデルにしているそうです。

(監督お茶目で可愛い…)

アクション映画ですが、あくまで「ノリ」を忘れない。
音楽効果を最大限に活用したところは、
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの売りだと思います。

映画を観終わって、サントラCDを買いに走りましたが既に遅し。
どこも完売。アマゾンですら入荷未定という恐怖の文字が…
やっと手にしたのは、映画を観てから15日後の5月27日でした。

皆さんが買いに走るくらい、素晴らしい曲ばかりです!!

私のリアルタイム感想

公開日の12日(金)に観に行ったのですが、 2日間「ガーディアンズ熱」が冷めず、パートナーと「あれが良かった!ここが良かった」と語りつくし、グッズを2万円ほど買い込みました。

もう中毒。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」の勢いは止まらない!!

2017年5月12日に公開されたのですが、
まだまだガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの勢いは止まりません!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』 国内興行収入10億円突破!全世界興収MCU歴代5位!

最強に笑えるアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月5日(金)に全米で公開され、世界中で大ヒットとなった前作を大きく上回る成績でNo.1スタートを切り、世界各地で大ヒット中!
日本では5月12日(金)に公開、前作を上回る成績でスタートしましたが、6月5日(月)にはついに10億円を突破!(6/5までの成績:動員662,169人、興入¥1,003,610,200)
公開25日間での10億円突破は、前作の32日間と比較すると一週間早いペースでの達成で、前作を超え、さらなるヒットとなることが見込まれています。
また、日本国外でも“ガーディアンズ愛”が拡大中!全世界興行収入は、前作を超えてマーベル映画史上5位まで浮上。
歴代1位『アベンジャーズ』、2位『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、3位『アイアンマン3』、4位『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』というヒーロー映画の王道作品が並ぶ中、知る人ぞ知るヒーローであった“ガーディアンズ”がランキング乱入中!
世界中、様々なところで高まる“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”愛。来年の“アベンジャーズ”との共演に続いて、既に第3作の制作も決定しており、今後の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』からますます目が離せません!

Q,前作は観た方がいいの??

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(吹替版)

出来れば、前作は見て行った方がいいです!

アマゾンビデオですぐに199円(2017年6月時点)で見れちゃいます!

ですが、見てなくても十分楽しめます。

どんなシリーズ映画でも同じことだと思いますが、

・前作を見ていれば、人物把握が出来ている
・やはり2作品目なので、前作の続きの部分がある為、話の途中で?となるかもしれない

ただ、登場人物全員個性的すぎるので、「あれ、こいつ誰?」とごちゃごちゃにはなりにくいと思います。

Q,マーベル作品全然知らないけど、楽しめる??

全く問題ないです!

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズの1作品ですが、
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスまでは、
「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」などと殆ど関連がないので、十分楽しめます。

MCUを全部見ていたら、「あーこれが次のアベンジャーズに続くのかー」くらいです。

!オススメしづらい方!

友人がある一言を、
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスって言葉遣い汚いよね」

…はい。 確かに、言葉遣いはクソ汚いです(笑)
「あまり品のない映画は好きじゃない」という方はにはオススメしづらいかも。

それでも、観て欲しいんだけどね。

最後に

私の出来るだけの想いを書かせて頂きましたが、
正直CMとか口コミだけでは、この映画の良さは中々伝わりにくいです。

これは、観に行く価値ありすぎ。

ティッシュとハンカチ忘れないでね。
私が見に行った映画の回だけど、半分以上が泣いていたと思う。
そこら中から、すすり泣き、鼻水ズルズル聞こえました。

もちろん、私も涙ボロボロ溢しながら鑑賞していました。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの画像は全てマーベル公式サイトから引用しております。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。