【忘備録】クレジットカードを紛失した!!!すぐやるべき行動と無くすとこんな事になる

こんにちは、ANDY(@tanoshimugihou)です。

 

突然で申し訳ないですが、、、わたくしクレカを紛失しました_| ̄|○
人生初です。つらい。

とりあえず今は落ち着いて、やるべきこともできました。
ブロガーの本望として「クレカ紛失事件」も記事になるな(泣)と思い、せっかくなので忘備録としてまとめようと思います。

まずなくなった!と気づいてからするべき行動、そしてクレカを紛失するとどうなるかをリアルにご報告していこうと思います。

 

クレカ無い!!!気がついてまずするべき行動

①とりあえず落ち着いてもう一度身の回りを探す

→たまたまいつもの財布に入ってないだけかも。
とりあえず財布・バック・ポケットなどくまなく探す

ただの勘違いだけの可能性もある(そうあってほしい)

 

②最後にいつどこでクレカを使ったのか思い出す

→探しても無い!となったら「いつどこで最後にクレカを使ったのか」をよーく思いだす。

 

③最後に使った場所から移動した先で落としそう、盗まれそうなシーンを思い出す

→最後に使った場所(例:コンビニ・レストラン)から今気がついた場所(例:職場)の間に通ったルートで落としそうな場所や盗まれそうなシーンを思い出す。

 

私の場合昨日の夕方に無印で買い物した時が最後で、気がついたのは本日のランチを買いに行った時。半日の間に自宅・駅・職場を通ったが一切財布を使ってない。常に財布はポケットに入れているので何かの拍子でカードが落ちてしまったかレシートに挟んだまま捨ててしまったか、、、。

 

 

④とりあえず一旦、自宅・職場など思いつく限りの場所で探す

→もしかしたら自宅に落ちていたり仕事用のバックに入っていたりするかもしれません。思いつく限り探しましょう。

私は嫁に電話してズボンのポケット、いつも財布を置く場所付近、洗濯物とかに無いか探してもらいました。
職場でも「すみません。クレカが無くなってしまったみたいなんですが見てないですよね、、、?」とみんなに聞きまくりました。

 

⑤探したがもう無い!と分かった瞬間にカード会社に電話して利用を止める

→思いつく限り探して「もうこれは見つからない!無い!」と思ったら

すぐ!!!!!クレジットカード会社に電話しましょう!!!

それぞれのカード会社ごとに「紛失・盗難デスク専用回線」が用意されているはずです。

 

私はVISAにすぐ電話をかけて対応して頂きました。

話す内容は、

・本人確認の情報

・紛失か盗難か

・いつ紛失(盗難)したか
(ここで確認できる限り不正利用がないかチェックしてくれます。心強い)

・利用停止に伴い今後どうなるか

 

すごいスピーディーかつ丁寧に対応してくれます。
私自身かなり動揺していたので電話口で「大丈夫です。もう止めたのでご安心してください」と仰って頂きめちゃくちゃホッとしました。

 

クレカを紛失するとこんな事になる

①まあクレカが使えない

→そりゃそうよ。今まで愛用してきたクレカはさようなら。
私は1枚しか持たない主義でしたのでしばらくカード無し生活です。つら。
Amazonとか電子マネーも一切使えません。モバイルsuicaもしばらくさようなら。

 

②利用を止めたら、探して出てきてもそのカードはもう使えない

→もしね、嬉しい事にやっぱりバックの奥底から出てきた!とかでクレカが見つかってももうそのカードは永久に使えません。グッバイ。

どっちみち再発行しなきゃいけない。

 

③再発行料をとられる

→カードを再発行するのにVISAさんは1080円必要とのこと。
カード会社によって違うと思うけど、大抵手数料はかかるはず。

地味に痛い。

 

 

④新しいカードが届くまで1週間以上かかる

→そしてすぐに再発行手続きしても自宅に到着するまで1週間くらいかかるそう。生活の80%キャッシュレスで過ごしてきた私にはかなりしんどい。修行です。とりあえず銀行から現金を引きおろすことから始まります。

 

⑤Apple Payとか色々登録していたやつを全て登録し直さないといけない

→これクソ面倒。自分が悪いんだけどさ。

Apple payから何から何までクレカ決済にリンク付けしていたものを全て新しく届くカードに登録し直す必要があります。

休日の2時間くらいもっていかれるだろうな。

 

 

 

⑥最悪誰かに不正利用される可能性もある

 

 

→これが一番怖いんだけど、誰かが自分のカードを盗むまたは拾って不正利用される可能性もあります。

私は幸いそれはなかったみたいですが、怖すぎ。

 

ただもし不正利用があってもカード会社から請求されないとかなんとか。

でももし普段から自分がAmazonを利用していて不正利用者がAmazonを利用したら「完全な不正利用」と断言できませんよね。なので泣き寝入りするしか無い場合もあるそうです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

いやーーーーもうヒヤッとしましたよ!!!
久しぶりに心臓ばくばくしました。

幸いな事に今のところ不正利用はないみたいなので、自己管理の甘さという勉強代として受け止めるしかないです。
海外でもクラブでも絶対に財布とスマホとパスポートだけは無くさない自信があったのにまさかこんな日常で無くすとは少し気が緩んでましたね。反省。

みなさんももし「あっ、カードがない!」となったら慌てず落ち着いてやるべきことをしましょう!

それではまた!

 




コメントを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

26歳 l ブロガー l TDRの近くに住んでます ・ディズニーと任天堂と旅と嫁さんが3度の飯より好き ・最近東京ディズニーリゾートの年パスを購入 ・海外ディズニーもちょくちょく行きます (WDW、SHDL、HKDL) ・脱社畜として無計画でオーストラリアワーホリを経験 ・日本に帰国後カフェでバリスタとして働きながらブログ運営中 ・ FtM(交際11年目の嫁とほのぼの生活) ・Webライターのお仕事もしてます ◉基本好きなことして自由に生きたい人